産科 計画分娩

当クリニックで行う計画分娩は分娩促進剤を基本的には使いません。

当クリニックの計画分娩は まず 分娩する日を 前回の分娩週数、前回の分娩時間、子宮口の開き具合 を基に分娩する日を決定します。分娩する日の前日に入院し、ラミナリア(これは子宮口を開く為の物で他の事に使われることはありません。子宮口を広げる専用の物です。)という海藻を乾燥させたものを子宮口に入れます。

このラミナリアは水分を吸収して3倍近くに膨らみます。これが刺激になって子宮口が開き、自然に陣痛がはじまります。陣痛が今ひとつ弱い時は 人工的に破水させます。これで9割以上の方は 陣痛促進剤を使わずに出産されます。

計画分娩は次の様な方におすすめです。

  • 当クリニックから家が遠い方。
  • 陣痛が来た時 すぐに上のお子様を預かってもらえる事が難しい方。
  • 前回の分娩時間が とてもはやかった方。
    (通常。2人目以降は 第一子よりはやく産まれますので墜落分娩をさける為におすすめします。)
墜落分娩:陣痛がはじまって、分娩施設に到着する前に、自宅または移動中の車の中などで産まれてしまう事。

当クリニックでは 初産婦の計画分娩は 基本的に行っておりません。初産婦の方の計画分娩は例外として、分娩予定日を1週間過ぎても 陣痛が発来しない時に行います。ただし初産婦には上記の計画分娩は あまりうまく行きません。やはり初産婦は陣痛促進剤が必要になる事が多いと思います。

分娩予定日を2週間過ぎると 胎児死亡のリスクが高くなってきますので、初産婦の計画分娩は妊娠41週〜42週に行います。

ご予約はこちらから

予約システムのご案内

 
×閉じる